家族のきずなを強めましょう!

最近起った痛ましい事件で家族が対象者ではないかと考えている方々はどんなに強い不安の中で日々過ごしておられる事でしょうか?

ぜひ、切り離して不安を払拭してください。最近報道されている事件は事件が発生せざるを得ない多くの要因があって起きてしまった事件です。わが事のように考えるのは行き過ぎた考えです。返って我が家の家族関係を見直していただいて互いが優しい言葉をかけ、辛さを分かっていく関わりを築き上げていただくようにお願いいたします。
関連画像

気分を変えて

外へ出かけるのはいかがでしょうか?

家族に病む人がいる時、いつも家にいてあげるのが当然のように考えていませんか?時と場合によりますが、二人がいつも顔を突き合わせていたら「イライラ」は強くなりますよね。長い年月そのように過ごすと共倒れになる可能性もあります。出かけられる方が出かけて発散する事を考えたらいかがでしょうか?もちろん、病んでいる人の治療や改善のための情報を得るために東奔西走されるでしょうが、自分の気分転換もぜひ考えてみてはいかがでしょう。
「気分転換 イラスト 無料」の画像検索結果

時によりますが!

本人の調子に合わせて!

不調な時は「本当に何もできない。」と言うのが本音。まして、一人で何かをすることは苦痛のきわみです。そんな時、「一緒に・・・」と言っていただけれると助かります。

「一緒に散歩でもどう?」「一緒に食事でも?」など、人を大切にすることをこころがけやってみてはいかがでしょうか。

「本人の調子に合わせてイラスト」の画像検索結果

相手に尋ねてみましょう

この時期はつらいんだなー!

今の時期は心病んでいる者にとってはとてもつらい時です。天気の早い移り変わり、温度差の激しさ、花粉と風の強さ、人のいらだちも加え、自室で寝ていてもイラつく時です。そんな時、声をかける時は必ず、一方的にに言わないでください。あれこれやったらと言われるだけで「カンベンしてよ!」と言いたくなります。

もし、声をかけるなら尋ねてみましょう。「食事はどう?」「お茶はいかが?」「散歩は?」ひとつひとつ丁寧に確認してみてください。大切にされていると感じます。あまりやつぎばやに言われると「うるさい!」っていう言葉が返ってきます。そんな時は間をおいて尋ねていきましょう。話さないとほっておかれているとおもいます。言われ過ぎると腹がたってきます。これが病の症状です。
「うつ病 イラスト 無料」の画像検索結果